同じような物件や立地条件でも、東京圏とその他の大都市圏での賃貸相場は差がある。東京圏の相場の相対的な高さ。

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸でマンスリーマンションの良さを

姉の住む福岡へ遊びに行ってきました。姉に会うために、というよりは姉の住むアパートを宿代わりに、といった感じでしょうか。初めての福岡旅行で勝手の分からない土地ですので、旅先に頼れる人間がいるのは助かります。

姉の住むアパートは1K。台所がかなり広く、台所部分とリビングが完全に別れているのはうらやましいところです。私が横浜で住んでいるアパートは同じく1Kですが、台所とは名ばかりの玄関からリビングへの通路上に申し訳程度に炊事スペースがある感じです。広さでは姉のアパートの方がかなり広いわけです。そんな話をしているとお互いの家賃の話になりました。驚くことに私のアパートの家賃の方が高いという結果に。交通の便や市街地への距離などもそう大差はありませんが、家賃は私のアパートの方が1万円ほど高いわけです。首都圏の物価は高いとは言いますが、福岡も中枢都市で賃貸物件の需要は多いと思います。気になって調べると、福岡にかぎらず他の中枢都市でも東京圏に比べれば賃貸相場は安かったです。ふだん意識していなかっただけにちょっと新鮮な驚きを覚えました。同じ日本でも、ましてや同じように人の多い地域でも物価は違ってくるものなんですね。

Copyright (C)2017賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.